--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_05
09
(Thu)23:00

精子

匂いフェチのあたしが
苦手な匂いは腋臭と制汗剤

ダブルで側に寄られると
息を最小限に抑え
できる限り離れる努力をする


あと苦手だった匂いが精子
“だった”と過去形なのは
彼によって変わったから



お口でするのが大好きで
愛しい人から放たれる
白い液体も
愛しく感じていたのに

匂いも味も苦手で
吐き気さえ感じていた



彼に中へ出して頂いた後
お口でお掃除する

淫汁と精子でベタベタになった陰毛・陰嚢・ぺニス
隅々までキレイに舐めるのが
とてもうれしくて


今まであたしの中に入ってた
そう思うと一層愛しくて
彼の精子を一滴も残さず欲しくなる


ある時
立ちバックでのセックス後
ぺニスを抜いた時に
精子が溢れてしまった


『掃除をしなさい』
彼に言われたあたしは
咄嗟に這いつくばり
床へ溢れ落ちた精子を舐めていた


“もったいない..”
その思いだけ


汗も唾液も尿も便も
あれほど苦手だった
匂いと味の精子さえ
彼から排出されるすべてが
愛しい






首輪   
«  HOME  »
  GW

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。