--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_09
29
(Sat)13:10

お昼寝





普段ひとり寝の私にとって
愛しい人の
気配を感じながら
愛しい人の
傍らで眠れる
お昼寝タイムは至福のひと時



あなたの体温
あなたの息遣い
あなたの匂い
すべてが私を
しあわせにしてくれる



腕枕は死ぬほど嬉しくて
興奮して
顔・耳・首・胸・腋
クンクン..クンクン
クンクン病が発症する


『もういいよ』


あなたは
本気でイヤがっているのに
嬉しくて..
涙がでちゃうね



少し離れて眠っていても
あなたの寝息が聞こえたら
嬉しくて
我慢ができなくなってね
ついクンクンしちゃうの


だけどね
あなたは眠りが浅くて

私はいつでも・どこでも
眠れちゃうカラ
そんなチャンスはナカナカ訪れないノ
..残念..



先に寝ちゃって
先に起きちゃう
散々あなたの
眠りの邪魔をしてね



後からイッパイ
虐めてもらうために
あなたには身体を
休めてもらわないとね



あなたを感じながらの
ひとりの時間



あなたを想いコッソリ過ごす
アリャ?
お家と同じダネ(艸^*)
  
«  HOME  »
  あなた

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。