--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_10
01
(Mon)20:25

いつものホテル
入口は反対車線


交差点を曲がり
住宅街を通り抜け
交通ルールを守り
反対車線へと移動するの
実にあなたらしいね



あなたは朝から無口で
私は沈黙が恐くて
ひとりでお喋りをしてたケド
相変わらずの無視


恐くて..悲しくて
涙が出てきた


見慣れた景色
ホテルが見えて
少しホッっとした時
車はいつもと違う方向へ


頭の中はいろんなコトが
ぐるぐる..グルグル


ステラレル?


不安で
張り裂けそうになった時
ふと前を見たら
いつものホテル


わずか数秒の間に
地獄から天国(笑)



後からわかったコト
喋らなかったのはワザと
『泣くとはね』なんて
イジワル..。-_-。
私は真剣に恐かったノニ





あなたがね
ホテルへの道順を
ひとりの時に
考えてくれたってコトがね
凄く嬉しく感じたの


チッチャナ幸せ(*^ー^*)です
言葉   
«  HOME  »
  暴風圏

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。